このプロジェクトは、Amazonギフト券 増量
キャンペーン対象です。

DMAT(災害派遣医療チーム)の出動時に必要な車両を購入したい。

DMAT(災害派遣医療チーム)の出動時に必要な車両を購入したい。

厚木市立病院 事務部門 経営管理課 神奈川県厚木市

寄附総額6,912,000

0 達成

目標金額6,800,000

寄附人数16

残り日数 0/36

プロジェクトに寄附

このプロジェクトは、
Amazonギフト券 コード
さらに1%もらえます!

最終更新日時:2020年09月08日 01時00分

厚木市立病院 事務部門 経営管理課 プロジェクトオーナー

厚木市立病院 事務部門 経営管理課

DMAT(災害派遣医療チーム)は、災害時に多くの人の命を助けるため、医師や看護師などで構成され、大規模災害などの現場で活動できる機動性を持った専門的な訓練を受けた医療チームであり、災害拠点病院である当院は、2013年3月に神奈川DMAT指定病院に指定されました。
この度の新型コロナウイルス感染症の関係でも神奈川県の派遣要請によりダイヤモンド・プリンセス号への派遣を始め、数多くの出動をしております。

神奈川県厚木市の
ふるさと納税をもっと見る

活動報告日:2021/03/25

日本一かっこいい!厚木市立病院DMAT車両が完成!

皆様から御支援をいただいた資金により購入した新たなDMAT車両が納車され、2021年3月24日完成セレモニーが実施されました。

完成セレモニーの様子

完成セレモニーの様子

新たなDMAT車両の納車を歓迎する病院職員

新たなDMAT車両の納車を歓迎する病院職員

新たな車両に日産自動車(株)がラッピングデザイン

DMAT車両の更新に伴い、日頃から地域への貢献活動を積極的に推進されている日産自動車テクニカルセンター(厚木市岡津古久)が、コロナ禍における市立病院の医療体制やDMATの活動内容にご賛同をいただき、車両へのラッピングデザインについて、ご支援をいただけることとなりました。

デザインについては、同社グローバルデザインセンターのデザイナーやモデラーによるプロポーザルが実施され、8人の方々から合計17のデザイン提案があり、市立病院の選考によりデザインが決定され、その後、同グローバルデザインセンターの有志により車両へのラッピング作業が行われました。

デザインコンセプト

デザインの特徴は、十字の左右を取り囲む3本の波紋が『愛』『勇気』『希望』を表し、それらが医療を象徴する十字を支えています。
『愛』は身を挺して災害支援する心、『勇気』は被災した現場に救助へ駆けつける姿、『希望』は被災された方々の希望の存在という意味が込められています。
一目でわかる赤十字を中心に前後に配色した白と黒は、DMAT隊員が昼夜を問わず任務にあたり、いち早く災害現場に駆けつけるスビード感やカ強さ、信頼感を表現しています。

プロポーザルで採用されたデザインイメージ

プロポーザルで採用されたデザインイメージ

感謝の気持ちを込めて車両に「CROWD FUNDING 2020」のロゴをデザイン

車両の後部には、クラウドファンディングで御支援をいただいた皆様への感謝の気持ちを込めて、「CROWD FUNDING2020」のロゴをデザインしました。

「CROWD FUNDING2020」のロゴがデザインされた車両後部

「CROWD FUNDING2020」のロゴがデザインされた車両後部

最後に

この度、クラウドファンディングや車両デザインなどに御支援をいただきました皆様に心から感謝を申し上げます。また、御支援をいただいた皆様の当院DMATに対する期待を十分に感じるとともに、この素晴らしい車両に恥じないように覚悟を持って活動してまいります。

完成セレモニーでテレビ取材を受ける厚木市立病院DMAT隊員

完成セレモニーでテレビ取材を受ける厚木市立病院DMAT隊員

※プロジェクトの成果情報は申込み時のデータであり、実際に入金されたデータではありません。

※入金の確認が取れた時点などで正確なデータに修正させていただく場合があります。

ページの先頭に戻る