田後公園の景色を残したい!利用者の皆さまに安心・安全に楽しんでいただける空間を整備

田後公園の景色を残したい!利用者の皆さまに安心・安全に楽しんでいただける空間を整備

鳥取県岩美町 鳥取県岩美町

寄附総額1,884,000

0 達成

目標金額15,000,000

寄附人数167

残り日数 254/276

プロジェクトに寄附(返礼品なし)

最終更新日時:2024年07月20日 01時00分

  • # 暮らし
  • # 景観・自然保護
鳥取県岩美町 プロジェクトオーナー

鳥取県岩美町

鳥取県岩美町(いわみちょう)は、日本海に面する「海と山と温泉のまち」です。風光明媚な「浦富海岸」に歴史ある「岩井温泉」、豊かな自然が育んだ農水産物・観光資源を活用したまちづくりに取り組んでいます。美しい景色と美味しい食事、そして地元の人々の温かいおもてなしで皆さまをお迎えします。

鳥取県岩美町の
ふるさと納税をもっと見る

田後公園(たじりこうえん)の景色を残したい!利用者の皆さまに安心・安全に楽しんでいただける空間を整備

古き良き漁村の風景、眼下に広がる日本海

古き良き漁村の風景、眼下に広がる日本海

岩美町の小さな漁村・田後(たじり)にある田後公園は、漁港と漁村を見下ろす、知る人ぞ知る展望スポットです。この公園は、人気アニメのロケ参考地といわれており、ここ10年の間にアニメファンや観光客が絶えない観光スポットになりました。
しかしながら、整備から15年ほど経過しており、日本海からの強い潮風の影響で木製の手すり・転落防止柵は色落ちし、損傷が著しく、応急的な処置は行っているものの、危険な状態になりつつある箇所がいくつかあります。

小さな漁村の小さな公園を安全に楽しめる場所へ

小さな漁村の小さな公園を安全に楽しめる場所へ

そこで、合計196mに及ぶ木柵を改修し、来訪者の安全・安心を確保するとともに、景観を維持していきたいと考えています。
木製の手すり・転落防止柵は、可能な範囲において、塩害に強く、現況の構造物に近いデザインの「擬木」で改修します。
2箇所ある展望所の東屋はそのままに、現在の風景を可能な限り残していきます。

改修には多額の費用が必要に

改修には多額の費用が必要に

田後公園の手すり・転落防止柵は合計196m。すべてを改修するとなると、約1,800万円の経費がかかり、財政規模の小さな岩美町にとっては大きな負担になります。また、工事を行いながらも公園に入ることができない期間をなくすため、3か年かけて改修する計画にしています。
クラウドファンディングを活用して資金が集まれば、2年目以降の計画を前倒し、早期に安全・安心な環境を整備することもできます。

田後公園の木柵を丈夫なものに取り替える工事を行います

寄附金の使い道

・工事費:4,500,000円(1年目の区間)

※全区間合計:約18,000,000円

事業実施のスケジュール

・2024年5月:1年目の区間の工事着手

・2024年8月:1年目の区間の工事完成

・2025年以降:残りの区間を工事します

※目標金額に達しなかった場合、町が費用を負担して予定どおり整備します。

※目標金額以上の寄附をいただいた場合、2年目以降の工事費用や木柵以外の整備に活用させていただきます。

「ふるさとは美しく」モデル事業を活用しています

この事業は、東京都武蔵野市様と交流のある市町村が加盟する「武蔵野市交流市町村協議会」の助成を受けて実施しています。
「ふるさとは美しく」モデル事業は、ふるさと風土の保全と活用などを目的として助成されるものです。クラウドファンディングと併せて活用します。

※武蔵野市様と岩美町は、武蔵野市家族自然体験交流事業やアンテナショップ「麦わら帽子」での物販などを通じて交流しています。

メッセージ(岩美町長 長戸 清)

岩美町のクラウドファンディングページをご覧いただき誠にありがとうございます。
田後港周辺エリアは、美しく、どこか懐かしい風景が点在するスポットで、多くのお客様においでいただいております。
皆さまに安心して安全にご利用いただけますよう、木柵の改修工事に着手することといたしました。また、皆さまとともにこの風景を残していきたいという思いから、岩美町で初めてクラウドファンディングを活用して資金を募っています。
ぜひとも趣旨にご賛同いただき、お力添えをいただけますと幸いです。

※プロジェクトの成果情報は申込み時のデータであり、実際に入金されたデータではありません。

※入金の確認が取れた時点などで正確なデータに修正させていただく場合があります。

ページの先頭に戻る