eスポーツの普及とITリテラシー向上に向けたeスポーツ拠点施設整備プロジェクト

eスポーツの普及とITリテラシー向上に向けたeスポーツ拠点施設整備プロジェクト

熊本県宇城市 市長政策部 市長政策課 熊本県宇城市

寄附総額9,921,000

0 達成

目標金額5,000,000

寄附人数314

残り日数 53/121

プロジェクトに寄附

このプロジェクトでAmazonギフトカード等に交換できるふるなびコインが2%分もらえます!

最終更新日時:2023年02月07日 01時00分

  • # まちおこし
熊本県宇城市 市長政策部 市長政策課 プロジェクトオーナー

熊本県宇城市 市長政策部 市長政策課

宇城市は熊本県のほぼ中央に位置し、温暖な気候から柑橘類を中心としたフルーツの産地で、柑橘の王様といわれる「デコポン®」(品種名:不知火)発祥の地です。また、市の西端にある「三角西港」は、明治日本の産業革命遺産として2015年に世界文化遺産に登録されました。明治の港湾施設が完全な形で残った国内唯一の場所で、近代的な石炭産業の発展を支え、現在でも明治期の雰囲気を味わえる人気の観光施設です。

熊本県宇城市の
ふるさと納税をもっと見る

ごちゃ混ぜが面白い!eスポーツでバリアフリーな社会構築とITリテラシーを高めたい

地域の課題

公共機関での手続き等についてもデジタル化が急がれる昨今において、お年寄りから子供までのデジタルリテラシー向上とそのための環境整備が必要とされています。地方では高齢者がデジタルに触れる機会が少なく、子どもや孫とも離れていると身近に教えてくれる人がいません。

デジタルに対応できると生活が便利になり、情報の収集や買い物はもちろん、離れている家族間の交流が容易になり高齢者の孤独化の防止にも繋がります。

また、新型コロナウイルス感染症の影響で団体間・世代間のコミュニケーション不足が顕在化し、幅広い世代に安心し快適な空間で楽しんでもらえる公共の場の整備が求められています。

そのため宇城市では、これらの問題を解決するためにeスポーツに親しみ、デジタルの普及を促す施設を整備するためクラウドファンディングを実施します。

eスポーツとは?

eスポーツ大会の様子

eスポーツ大会の様子

「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称です。
(参照:https://jesu.or.jp/contents/about_esports/

国体の文化プログラム事業にも採用され認知度も向上し、若い世代だけでなく高齢者にも認知症予防のプログラミングとして取り組まれています。

県立松橋高校でのeスポーツへの取り組み

宇城市ではeスポーツ発展に積極的に取り組んでいます。
なかでも宇城市にある県立松橋高校では、今年度、学校の魅力度を上げるため、DX(デジタルトランスフォーメーション)部を立ち上げました。
DX部では、eスポーツ大会への出場に加えスマートフォン教室を通じた地域交流、防犯に役立つデジタルボランティア等に取り組んでいます。
このような活動を応援するべく、環境の整備を目指しています。

松橋高校DX部

松橋高校DX部

市が目指す拠点施設とは?

eスポーツは、年齢、性別、国籍、障がいの等にかかわらず誰もが参加でき「共生社会」や「ダイバーシティ社会」を実現することができると考えています。
その実現のため、誰もが気軽に訪れてもらえるように、使いやすく、健康的なイメージで子どもや高齢者にも受け入れやすい空間を目指しています。
整備を予定している施設には障がい者の就労支援カフェもあり、障がいを持っている方も気軽に参加しやすい場所です。
ここで、高齢者のスマホ教室や本格的なeスポーツ大会といった幅広い用途としての活用や、高校生の活動拠点にも利用できる施設を計画しています。

施設のパース図

施設のパース図

この施設で県立松橋高校、施設に近い県立小川工業高校と連携し、高齢者向けのスマホ教室を開催。高校生が高齢者の講師になることで世代間交流が生まれます。
さらに高校生にはシビックプライドの醸成、高齢者には若者への理解が深まることを期待します。

スマホ教室の様子

スマホ教室の様子

寄附金の使い道

eスポーツの本格的な大会にも対応できるようスペックが高いパソコンや専用デスク・椅子、音響機材の購入。子どもたちに人気が高いドローンや仮想空間の中でエクササイズや観光体験等ができるVRの環境の整備を予定しています。
また、施設に併設している障がい者の就労支援カフェを利用し、世代間交流が活発に行えるよう休憩用の家具什器の購入等に充てさせて頂きます。
これらを整備し多世代が時代のトレンドにあった地域の新しい“よりどころ”が実現できます。

※プロジェクトの成果情報は申込み時のデータであり、実際に入金されたデータではありません。

※入金の確認が取れた時点などで正確なデータに修正させていただく場合があります。

ページの先頭に戻る