このプロジェクトは、Amazonギフト券 増量
キャンペーン対象です。

スルメイカを追い 半年以上にわたり船上生活を続ける いか釣り船団を応援したい!

スルメイカを追い 半年以上にわたり船上生活を続ける いか釣り船団を応援したい!

酒田市長 丸山 至 山形県酒田市

寄附総額610,000

0 達成

目標金額4,000,000

寄附人数61

残り日数 133/151

プロジェクトに寄附

このプロジェクトに寄附をすると
Amazonギフト券 コード 2%
がもらえます!

最終更新日時:2018年11月19日 01時00分

酒田市長 丸山 至 プロジェクトオーナー

酒田市長 丸山 至

全国的なスルメイカの不漁、そして昨年の北朝鮮による相次ぐミサイルの漁場への落下問題、さらに外国船の違法操業により漁場を荒らされるなど、多くの困難の中、果敢に漁に向う男たちを応援するため、船上での食事や寄港時の生活環境などを支援します。酒田港の主要品目であるスルメイカの水揚げを増やし、「いかのまち酒田」を旗印として地域水産業の活性化を期待しています。

山形県酒田市の
ふるさと納税をもっと見る

スルメイカを追い 半年以上にわたり船上生活を続ける いか釣り船団を応援したい!

6月に出航式を開催。酒田港から、いか釣り船が出航

毎年6月、山形県船友漁撈長会所属の13隻のいか釣り船が船団を組みスルメイカ漁に出航します。酒田市と山形県漁業協同組合では、乗組員の家族や市民とともに「いか釣り船団出航式」を賑やかに開催し、翌年2月まで続く操業の安全と大漁を祈願します。

出航式
出航式

中型いか釣り船は、一度出航すると1ヶ月から40日にわたり、港に帰ることなく沖合いで操業を続けます。酒田港から西へ600kmの大和堆(やまとたい)から北海道沖へと北上するスルメイカを追いながら船上での生活が続きます。

漁業図

釣り上げたスルメイカは船上で急速冷凍するため鮮度抜群!

釣り上げたスルメイカは直ぐに一尾ずつ急速冷凍されるため高鮮度を保ったまま私たち消費者に届けられます。「酒田船凍いか」と呼ばれ、お刺身はもちろん、ワタまで新鮮なので塩辛としても加工されています。全国のみなさんにぜひ食べていただきたい逸品です。

釣り上げたスルメイカは船上で急速冷凍するため鮮度抜群!
釣り上げたスルメイカは船上で急速冷凍するため鮮度抜群!
釣り上げたスルメイカは船上で急速冷凍するため鮮度抜群!

入港時にはゆっくり休んでもらいたい

水揚げのため入港した際には、漁協職員も総出で作業を行います。次の出航までの僅かな時間を利用して、漁の疲れを癒してもらうため、港に仮設の入浴施設を設置。買い物などで使用するレンタカーの借上げ費用の一部も支援しています。また、船上生活での癒しと、明日への鋭気を養っていただけるよう、酒田産米「つや姫」を提供しています。

水揚げ
水揚げ

困難に負けるな!頑張り続ける海の男たちを応援!

ここ数年スルメイカの不漁が続いており、今年はさらに厳しさを増し関係者を悩ませています。温暖化による資源量の減少や、昨年の北朝鮮など外国船による違法操業問題など、多くの困難に直面するなか、今期の漁が終わる2月末まで頑張り続ける海の男たちを応援します。

※プロジェクトの成果情報は申込み時のデータであり、実際に入金されたデータではありません。

※入金の確認が取れた時点などで正確なデータに修正させていただく場合があります。

ページの先頭に戻る