『淡路市でお産ができる施設を創りたい!』淡路市内で唯一!分娩可能な助産院設立プロジェクト

『淡路市でお産ができる施設を創りたい!』淡路市内で唯一!分娩可能な助産院設立プロジェクト

兵庫県淡路市 兵庫県淡路市

寄附総額53,491,000

0 達成

目標金額200,000,000

寄附人数3,805

残り日数 554/761

プロジェクトに寄附

このプロジェクトでAmazonギフト券等に交換できるふるなびコインが2%分もらえます!

最終更新日時:2022年09月25日 01時00分

  • # 医療・福祉
兵庫県淡路市 プロジェクトオーナー

兵庫県淡路市

瀬戸内海に浮かぶ最大の島、淡路島の北部に位置する淡路市は、「いつかきっと帰りたくなる街づくり」を推進しています。 淡路市では、辛味が少なく、甘いことで有名な淡路島たまねぎをはじめ、淡路島のブランド牛『淡路ビーフ』、鯛や鱧などの新鮮な魚が揚がる食材の宝庫です。

兵庫県淡路市の
ふるさと納税をもっと見る

淡路市でお産しませんか?~淡路市内で唯一の分娩可能な助産院設立!地域で子育て、多世代が集まれる場所へ。~

淡路市には、赤ちゃんを産むことができる分娩施設はひとつもありません。淡路島内を見渡しても分娩施設はたった1箇所のみで、年間約900人の出生のうち約300人は淡路島外での出産を余儀なくされています。産婦人科医師不足という深刻な問題から産婦人科病院が閉鎖に追い込まれる中、「淡路市でも出産できる環境を創りたい!」と強い意思から、2022年4月に淡路市で唯一、分娩可能なさくら助産院が設立されました。

画像1
画像2

分娩施設が1ヵ所しかない淡路島の住民にとって需要の声は大きく、分娩(月10件を目標)と産後ケア(出産後の支援)が行えるように入所施設を確保したいと考えています。
自己資金や融資でなんとか設立し、運営しているところですが、資金不足により目標の月10件を受け入れるための施設整備が完了していません。そのため、工事を二期に分けざるを得ない状況で、医療機器も近隣病院から譲り受けていますが古くなっているものも多く数年以内には更新する必要があります。

今回のクラウドファンディングを通して、皆様からのご寄附を活用させて頂き、入院病床の増設や各種教室のためのホールなどの施設整備工事、老朽化した医療機器の更新を行います。

画像3

地域に根差した助産院を築いていくため、専門職の実習生はもちろんのこと、専門外の大学生のインターンシップを受け入れなども予定しており、気軽に多世代が集まれる助産院、地域で子育てができる街づくりを目指しています。
これから産まれてくる未来の子どもたちのために、皆さまからのご支援をいただければと思っております。何卒よろしくお願いいたします!

画像4

※プロジェクトの成果情報は申込み時のデータであり、実際に入金されたデータではありません。

※入金の確認が取れた時点などで正確なデータに修正させていただく場合があります。

ページの先頭に戻る