コロナ禍で疲弊したシングルマザーを支援する事業

コロナ禍で疲弊したシングルマザーを支援する事業

つくばみらい市市長公室 秘書広報課 茨城県つくばみらい市

寄附総額11,350,000

0 達成

目標金額21,000,000

寄附人数73

残り日数 0/112

プロジェクトに寄附

このプロジェクトでAmazonギフト券等に交換できるふるなびコインが2%分もらえます!

最終更新日時:2022年04月01日 01時00分

  • # 医療・福祉
つくばみらい市市長公室 秘書広報課 プロジェクトオーナー

つくばみらい市市長公室 秘書広報課

こんにちは!つくばみらい市です。
私たちは子どもを産み育てやすい環境づくりと、安心して子どもを預けられる体制の整備を通じ、地域をあげて子育て世代への様々なニーズに適切に対応していくための子育て支援策を展開しています。
これをさらに加速させるためには、地域社会全体が積極的に子育てに関わりを持ち、行政と市民、そして企業が一丸となって未来を担う子どもたちの健全育成に取り組まなければなりません。そこで、みなさんとともに地域共生社会の実現を目指すべく、市をあげて本プロジェクトの推進と支援を募るものです。

茨城県つくばみらい市の
ふるさと納税をもっと見る

「つくばみらい市のお米」がひとり親家庭の食卓を豊かに  未来ある子どもたちをおなかいっぱいにしたい

本プロジェクトの概要

つくばみらい市が目指す子育て環境の充実を強力に推進していくため、産官学が協働で社会課題解決の糸口を探す実証実験を展開します。
日本のひとり親家庭の相対的貧困は先進国としては最低の水準であり、そうした困窮家庭への支援は急務です。適度な人口増を続ける「つくばみらい市」においても、流入世帯増に伴う「ひとり親家庭」の増加が想定され、さらにその家庭の貧困に対する問題に対しての支援のあり方が問われています。
つくばみらい市は、今回の取組姿勢を全国に示し、お米を通して当市を知ってもらうとともに、市内農産物や生産者支援にもつなげていきたいと思います。

寄附(ふるさと納税)の使い道と事業スケジュール

みなさまからの寄附につきましては、「認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ」に登録いただいているひとり親家庭に対し、つくばみらい市内で収穫されたお米(コシヒカリ)を送り、ひとり親家庭の支援として活用させていただきます。

主な使い道

■全国のひとり親家庭へお届けするお米(コシヒカリ)

■お米の梱包費・輸送費

■事業広報費

■配達管理、問い合わせ対応を行うための人件費等

事業スケジュール

寄附:1件あたり5,000円
支援:1件の寄附に対し、5kg×2袋以上の米(コシヒカリ)
期間:2021年12月10日から2022年3月31日
目標:2100万円(想定:4,200件)

つくば未来市コシヒカリ

※実際の送付するお米とはパッケージデザインが異なる場合があります。

事業スキーム

事業スキーム

※プロジェクトの成果情報は申込み時のデータであり、実際に入金されたデータではありません。

※入金の確認が取れた時点などで正確なデータに修正させていただく場合があります。

ページの先頭に戻る