黒柳トシマサさんと一緒に「アニメでまちおこし」

黒柳トシマサさんと一緒に「アニメでまちおこし」

愛知県幸田町 愛知県幸田町

寄附総額277,286,000

0 達成

目標金額2,800,000

寄附人数2,574

残り日数 0/29

プロジェクトに寄附

このプロジェクトでAmazonギフト券等に交換できるふるなびコインが2%分もらえます!

最終更新日時:2022年01月01日 01時00分

  • # まちおこし
  • # 移住・定住
愛知県幸田町 プロジェクトオーナー

愛知県幸田町

幸田町は、愛知県の中南部に位置し、人口43,000人余りの緑豊かなまちです。全国一の生産量を誇る「筆柿」を始めとした農業や、四季折々の花々が咲く自然に恵まれながらも、自動車産業を中心としたものづくり(製造業)も盛んです。また、先人が守り継承してきた国の重要無形民俗文化財である「三河万歳」など文化財保護にも取り組んでいます。

愛知県幸田町の
ふるさと納税をもっと見る

愛知県幸田町出身のアニメーション演出家 黒柳トシマサさん 制作によるアニメーション(15秒程度)、作画(四季を感じられる数点)を制作をして全国の皆様へ幸田町を紹介します。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、取り巻く環境が大きく変化しました。地方が見直される今だからこそ「幸田町」の良さを全国の方に知っていただきたい思いで計画しました。

【黒柳トシマサさん紹介】

2004年OH!プロダクションに入社。アニメーターとしてキャリアをスタートさせる。

2014年、2015年「少年ハリウッド」にて初監督。5人の少年たちがアイドルとして成長していく物語を描いた。他のアイドル作品とは一線を画したキラキラと華やかなだけではない一見地味なアイドルの悩みや実像を描いたこの作品は感銘を受けるファンが多く、特別編の制作にあたり約6000万円をクラウドファンディングで集めるに至った。

2016年三浦しをん原作「舟を編む」を監督。辞書を作るという静かな話ではあったが物作りへの熱く長い情熱を見事に描き切り国内外でも高い評価を受ける。
この作品でNYフェスティバルのアニメ番組部門銅賞、第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞する。

2020年少女漫画原作の映画「思い、思われ、ふり、ふられ」を監督。初の映画監督作品。男女4人の高校生の過ごす、青春時代の何気ないようで特別な時間。等身大の主人公たちが繰り広げる恋模様と、毎日の中で自分自身・他者と向き合いながら成長していく姿を瑞々しく描き切った傑作。高校生だけでなくかつて青春時代を過ごした大人にも心地よく響く作品となった。

2021年4月~オリジナルTVアニメシリーズ「バクテン!!」を監督。宮城県岩沼市を舞台に、高校生男子新体操部の青春を描くスポーツアニメの王道物語。マイナースポーツだがその素晴らしさ、そこで青春をかける熱く清々しい少年たちの物語を描き切った。
現在は2022年春公開の完全新作劇場版「映画バクテン!!」を鋭意制作中!

愛知県幸田町出身のアニメーション演出家 黒柳トシマサさん 制作によるアニメーション(15秒程度)、作画(四季を感じられる数点)を通して幸田町を全国へ紹介します。
ふるさと納税のお礼状などにも活用します。

目標金額を超えてご支援いただいた場合は、寄附金使い道「産業振興に関する事業」と「町長におまかせ(町長が特に必要と認める事業)」に含めさせていただきます。

※プロジェクトの成果情報は申込み時のデータであり、実際に入金されたデータではありません。

※入金の確認が取れた時点などで正確なデータに修正させていただく場合があります。

ページの先頭に戻る