千年以上の歴史ある佐那河内村に、若者が集う住宅を建設したい!

千年以上の歴史ある佐那河内村に、若者が集う住宅を建設したい!

徳島県佐那河内村 徳島県佐那河内村

寄附総額4,734,500

0 達成

目標金額70,000,000

寄附人数439

残り日数 498/548

プロジェクトに寄附

このプロジェクトでAmazonギフト券等に交換できるふるなびコインが2%分もらえます!

最終更新日時:2021年09月20日 01時00分

  • # 移住・定住
徳島県佐那河内村 プロジェクトオーナー

徳島県佐那河内村

徳島県佐那河内村は、古事記や先代旧事本紀にいわれがあると言われ、豊かな自然と人の絆を深く受け継ぐ徳島県最後の村です。
また、村史には後一条天皇の冶安年間に上佐那河内村と下佐那河内村と名付けられたのが始まりと記されています。
現在、緩やかな地形と温暖な気候を活かした、さくらももいちごや達磨キウイフルーツ、大川原ねぎなどのオリジナルブランドに加え、みかん、すだち、椎茸などの栽培が盛んな農山村です。

徳島県佐那河内村の
ふるさと納税をもっと見る

千年以上の歴史ある佐那河内村に、住みつづけたい、住んでみたい、若者が集う住宅を建設したい!

千年以上つづく佐那河内村

佐那河内村は徳島市から車で20分の中山間地域に位置している徳島県最後の村です。
古くから、古事記や先代旧事本紀ある「手力男神は佐那那縣に坐す」との謂われが受け継がれています。
また、村史によると後一条天皇の冶安年間(1021~1024年)、上佐那河内村・下佐那河内村と名付けられてから、この村の千年にわたる永い歴史が始まったと伝わっています。

元気な子供たち

人口減少にストップ、豊かな村を次の世代へつなぐ

佐那河内村では、少子高齢化と人口減少が全国を上回るスピードで進行しています。
今後もこうした状況が続けば、2025年にはピーク時の5,000人が2,000人を下回り、基幹産業である農業、地域のコミュニティを維持していくことが困難になることも考えられます。
人口減少をストップさせ、長い時をかけて培われてきた伝統や文化など、大切な財産を次の世代へ受け継いでいく必要があります。

国税調査

住みつづけたい、住んでみたい、佐那河内村に

① 若者が暮らすことのできる住宅を建設します。
② 移住者が暮らせる宅地を造成します。

村の人々

※プロジェクトの成果情報は申込み時のデータであり、実際に入金されたデータではありません。

※入金の確認が取れた時点などで正確なデータに修正させていただく場合があります。

ページの先頭に戻る