ふるなび災害支援

【佐賀県白石町】令和3年8月豪雨 災害支援

【佐賀県白石町】令和3年8月豪雨 災害支援

佐賀県白石町 佐賀県白石町

寄附総額20,000

寄附人数2

寄附をする

最終更新日時:2021年09月20日 01時00分

  • # 災害支援
佐賀県白石町 被災自治体

佐賀県白石町

白石町(しろいしちょう)は佐賀県の南西部に位置する小さな町です。
町西方の杵島山系から東方へ広がる広大な白石平野は古くは弥生時代から自然陸化し、中世から現代まで幾多の干拓事業で造成された土地です。
特色としては粘室土壌で、米・麦・野菜・施設園芸等の農業好適地帯となっています。また、町を囲む河川は、地域にうるおいを与えながら、宝の海とも言われる有明海に注いでいます。
白石町は、山と平野、川と海といった美しく個性豊かな自然が一体として揃っています。

佐賀県白石町では、令和3年8月11日からの記録的な大雨により域内各地で甚大な被害が出ております。
各地域で河川の増水や土砂災害に伴う道路の損壊などの被害が発生しました。

この度の被害を受け、ふるさと納税を通じた災害支援のご寄附の受付を開始させていただきます。
頂戴いたしました災害支援寄附金は、すべて復旧事業や今後の防災対策に使わせていただきます。

皆様の温かいご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

浸水
浸水
浸水

※「災害支援」への寄附はふるなびコイン プレゼントの対象外となります。

※プロジェクトの成果情報は申込み時のデータであり、実際に入金されたデータではありません。

※入金の確認が取れた時点などで正確なデータに修正させていただく場合があります。

ページの先頭に戻る