ふるなび災害支援

宮城県角田市 令和3年2月 福島県沖地震 災害支援

宮城県角田市 令和3年2月 福島県沖地震 災害支援

宮城県角田市 宮城県角田市

寄附総額20,000

寄附人数3

寄附をする

最終更新日時:2021年03月31日 01時00分

宮城県角田市 被災自治体

宮城県角田市

角田市(かくだし)は、平安時代に建築された宮城県最古の木造建築であり重要文化財の高蔵寺阿弥陀堂と、最新の技術である宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究開発拠点があり、悠久の歴史と最新技術のコントラストが魅力のまちです。古くから米、野菜、果樹、畜産等の農業が盛んで、また、日本有数の工業メーカーも進出しており、農業との調和・共存も図られています。

宮城県角田市では2月13日午後11時8分ごろに発生した、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3、最大震度6強 の「令和3年2月 福島県沖地震」により、建物の破損や停電等による被害が発生しています。

この度の被害を受け、ふるさと納税を通じた災害支援のご寄附の受付を開始させていただきます。
頂戴いたしました災害支援寄附金は、復旧事業や今後の防災対策に使わせていただきます。
皆様からの温かいご支援をお待ちしております。
※こちらのご寄附につきましては、申し訳ございませんが、お礼の品の選択・送付はございません。

※「災害支援」への寄附はふるなびコイン プレゼントの対象外となります。

※プロジェクトの成果情報は申込み時のデータであり、実際に入金されたデータではありません。

※入金の確認が取れた時点などで正確なデータに修正させていただく場合があります。

ページの先頭に戻る